フォーラム専用検索

ECLSelectLAS500を使ったウェスタンブロッティングの結果およびご感想

ECLSelect/LAS500, ECLSelect/LAS4000 UV mini比較(1)

検出結果画像
検出画像1

投稿者 kimuchi
投稿者所属 大学 助教
投稿日 2012年04月13日
サンプル由来
細胞株
サンプル調製方法
卵巣癌細胞株から8M尿素、2Mチオ尿素を含む50 mM HEPES (pH8.0)でタンパク質を抽出したもの。
1ウェルあたりのサンプルアプライ量(µg)
10
1ウェルあたりに含まれる目的タンパク質の量(ng)(推定)
不明
目的タンパク質の名前
Confidential
検出画像へのコメント
LAS500:Auto
LAS4000UV mini: Precision, Auto, Standard

Sample 1および2, 3 (シグナルが低いが) ともに目的のタンパク質のバンドが検出された。
検出モード
Auto
露出時間
画像1
画像2
画像3
一次抗体
Confidential
一次抗体の希釈倍率(1:X)
1:200
二次抗体
anti-mouse IgG HRP TrueBlot
二次抗体の希釈倍率(1:X)
1:2000
普段主にお使いの検出試薬
ECL Prime
普段主にお使いの検出手段
LAS 4000 Series
ECLSelectLAS500をお使いいただいた感想など
LAS500はLAS4000 UV miniと感度は同等かと思われるが、「味付け」が少々異なるようです。両方ともautoで取った場合、感度は同等だが、LAS500の方がバンドが見易い結果が得られるようにセッティングされていそうです。

 

投稿者 GEヘルスケア
投稿者所属 サポートスタッフ
投稿日 2012年04月16日

ご投稿ありがとうございました。(GEヘルスケア)

ECLselectLAS500フォーラムにご投稿いただきまして誠にありがとうございます。
この度はECLSelectを検出試薬にしてLAS500とLAS4000UVminiとで比較評価していただきありがとうございます。「味付けが少々違う」とのこと、LAS500の、より見易いバンドの結果についてご満足いただけましたら幸いです。

今回は、良い点を挙げていただきましたが、もしもその他にお気づきの点やお困りの点がございましたら、お気軽にバイオダイレクトライン(03-5331-9336/tech-jp@ge.com)にご連絡いただけると幸いです。
今後ともよろしくお願い申し上げます。