フォーラム専用検索

ECL/ECL Prime/ECL Selectを使ったウェスタンブロッティングの結果およびご感想

ECL Prime

投稿者 TT
投稿者所属 民間企業 管理職
投稿日 2011年05月24日
今回お使いいただいた試薬
ECL Prime
サンプル由来
プライマリー細胞
サンプル調製方法
lysis bufferに溶解
1ウェルあたりのサンプルアプライ量(µg)
5-20
目的タンパク質の名前
Confidential
検出結果 & 検出条件 検出手段
X線フィルム
検出画像へのコメント
検出画像1:
検出画像2:
検出画像3:
露出時間
検出画像1:
検出画像2:
検出画像3:
一次抗体
Confidential
一次抗体の希釈倍率(1:X)
1000
二次抗体
Confidential
二次抗体の希釈倍率(1:X)
5000
普段主にお使いの検出試薬
ECL Plus
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた際に変更した条件
変更していない
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた感想など
2つの液の混合比が1:1なので使いやすい。

 

投稿者 GEヘルスケア
投稿者所属 サポートスタッフ
投稿日 2011年05月26日

ご投稿いただきありがとうございます。(GEヘルスケア)

このたびは、ECL Primeフォーラムにご投稿いただきまして、誠にありがとうございました。
溶液の混合比については、他のお客さまからも、使い勝手が良い一面として挙げていただいております。少しでもお時間が短縮できればと存じます。
今回は、ECL Plusと同条件で実験を行っていただきましたが、ご期待通りの結果は得られましたでしょうか。ECL primeは、ECL Plusと同条件で最適な結果が得られる場合もございますが、感度が高いため、露出時間の短縮などの調整が必要な場合もございます。ご不明な点がございましたら、お気軽にバイオダイレクトライン(TEL:03-5331-9336 / E-mail:Tech-JP@ge.com)までお問い合わせください。

なお誠に勝手ながら、ECL PlusおよびECL Advanceは2011年12月を持って販売を終了させて頂きます。TT様にはご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございません。移行に関するサポートも可能な限り提供させていただきますので、懸念点やご不明の点などございましたらぜひご連絡いただけますようお願いいたします。今後ともECL/ECL Primeをよろしくお願いいたします。