フォーラム専用検索

ECL/ECL Prime/ECL Selectを使ったウェスタンブロッティングの結果およびご感想

ECL plus との比較

検出結果画像
検出画像1

検出画像2

投稿者 MP
投稿者所属 大学 准教授
投稿日 2011年02月09日
今回お使いいただいた試薬
ECL Prime
サンプル由来
細胞株
サンプル調製方法
SDS sample bufferでlysis
1ウェルあたりのサンプルアプライ量(µg)
20 ug
目的タンパク質の名前
phospho AKT
検出結果 & 検出条件 検出手段
X線フィルム
検出画像へのコメント
検出画像1:ECL plus
検出画像2:ECL prime
検出画像3:
露出時間
検出画像1:1 min
検出画像2:1 min
検出画像3:
一次抗体
anti-phospho AKT
一次抗体の希釈倍率(1:X)
1:2000
二次抗体
anti-rabbit Ig HRP
二次抗体の希釈倍率(1:X)
1:10000
普段主にお使いの検出試薬
ECL Plus
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた際に変更した条件
変更していない
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた感想など
何故かわからないが、ECL plusより感度が落ちる結果となった。保存中の劣化?ただし明らかにECLよりは感度が良さそうなので、今後の継続使用も考えている。

 

投稿者 GEヘルスケア
投稿者所属 サポートスタッフ
投稿日 2011年02月14日

ご投稿頂きありがとうございます。(GEヘルスケア)

このたびは、検出感度の向上に期待をもってECL Primeをお試しいただいたにもかかわらず、MP様のご期待を裏切る結果となってしまい大変申し訳ありません。さらに、今後の継続使用もお考え頂けるとのコメントもいただき、感謝申し上げます。
私どもが実施した検討でも、5% BSAをブロッキング剤として加えた条件にて比較を行ったところ、ECL PlusよりもECL Primeの検出感度が低下したケースがありました。その場合、TBS-T、PBS-Tのみを抗体反応溶液に使用したところ、ECL Plusよりも優れた検出感度を示しました。
また、ECL Plusは発光の立ち上がりが非常に早く試薬をかけて5分後にはピークに達します。一方、ECL Primeは発光持続時間が安定して長く継続する(検出反応1時間後でも約60%のシグナル強度が持続します)分、ECL Plusと比較して発光の立ち上がりに時間がかかることがあるようです。この現象は、シグナルの弱いバンドに関して、特によく見られます。そのため、短時間の露出では検出されなかったバンドも、露出時間を延ばすことで検出されることがあります。
上記内容を含めまして、もしお時間をいただけるようでしたら、再度ECL Primeを用いて検出する際の条件について、一緒に検討させていただきたく存じます。ご都合の良い時間に、バイオダイレクトライン(TEL:03-5331-9336 / E-mail:Tech-JP@ge.com)までご連絡をいただければ幸いです。今後ともよろしくお願い致します。