フォーラム専用検索

ECL/ECL Prime/ECL Selectを使ったウェスタンブロッティングの結果およびご感想

Can Get Signal + ECL と比較して

検出結果画像
検出画像1

検出画像2

投稿者 timedrags
投稿者所属 大学 准教授
投稿日 2011年01月11日
今回お使いいただいた試薬
ECL Prime
サンプル由来
プライマリー細胞
サンプル調製方法
normal growth conditionのmouse embryonic fibroblastに、直接SDS-PAGE用sample bufferを添加してlysisして、ゲルにロードした。
1ウェルあたりのサンプルアプライ量(µg)
50
1ウェルあたりに含まれる目的タンパク質の量(ng)(推定)
図の説明に記載
目的タンパク質の名前
confidential
検出結果 & 検出条件 検出手段
その他
検出画像へのコメント
検出画像1: 目的タンパク質A 推定約 1ng
検出画像2: 目的タンパク質B 推定約 5ng
検出画像3:
露出時間
検出画像1:2 sec
検出画像2:2 sec
検出画像3:
一次抗体
confidential
一次抗体の希釈倍率(1:X)
精製分を1000倍
二次抗体
anti rabbit IgG-HRP (Santa Cruz)
二次抗体の希釈倍率(1:X)
4000倍
普段主にお使いの検出試薬
その他
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた際に変更した条件
変更していない
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた感想など
検出画像1のタンパク質Aは、いままでCan Get Signal を使用しないと、ECLだけでは検出のむずかしかったものである。
今回は、Can Get Signalを使用せず、しかも短時間できれいに検出できた。 

 

投稿者 GEヘルスケア
投稿者所属 サポートスタッフ
投稿日 2011年02月14日

ご投稿頂きありがとうございます。(GEヘルスケア)

ECL Primeの評価結果をご投稿いただき、ありがとうございます。
ECLではCan Get Signalを使用しないと検出できなかったシグナルが、ECL PrimeではCan Get Signalなしで短時間で検出されたとのことで、今後もご利用いただけましたら幸いです。
また、目的タンパク質量の異なるイメージを2種類添付してくださったので、サンプル添加量によりバックグラウンドが異なる点がとてもよくわかりました。感謝申し上げます。
ECL Primeは感度が高いだけでなく、発光の持続時間が長いという特長もあります。(検出反応1時間後でも約60%のシグナル強度が持続します。)そのため、サンプル添加量がさらに少ない場合でも、露出時間を延ばすことでクリアなバンドが検出される場合があります。貴重なサンプルの節約にぜひお試しください。

投稿者 GEヘルスケア担当 H
投稿者所属 GEスタッフ
投稿日 2011年02月03日

お待たせして大変申し訳ございません (GEヘルスケア)

ECL Primeの製品評価および実験結果の公開に格別のご協力をいただき、誠にありがとうございます。
お忙しい中、ご協力をいただいたにも関わらず、長い間お待たせすることとなり大変申し訳ございません。
予想を超える反響に十分な体制を準備できていませんでしたことが、このようにお待たせする原因となりました。
現在テクニカルスタッフの体制を増強して個別に回答・ご提案を準備中です。
(2月10日より順次、回答・ご提案を掲載予定です。)

どうかこれからも、GEヘルスケア・ジャパンをよろしくお願いします。