フォーラム専用検索

ECL/ECL Prime/ECL Selectを使ったウェスタンブロッティングの結果およびご感想

ECL Prime

検出結果画像
検出画像1

投稿者 abst
投稿者所属 ポスドク
投稿日 2010年12月22日
今回お使いいただいた試薬
ECL Prime
サンプル由来
大腸菌
サンプル調製方法
菌体破砕後上清
1ウェルあたりのサンプルアプライ量(µg)
N/A
1ウェルあたりに含まれる目的タンパク質の量(ng)(推定)
N/A
目的タンパク質の名前
MDM
検出結果 & 検出条件 検出手段
CCDイメージャー
検出画像へのコメント
検出画像1:
検出画像2:
検出画像3:
露出時間
検出画像1:10sec
検出画像2:
検出画像3:
一次抗体
Mouse Anti-poly Histidine IgG
一次抗体の希釈倍率(1:X)
6000
二次抗体
Sheep Anti-mouse IgG HRP
二次抗体の希釈倍率(1:X)
5000
普段主にお使いの検出試薬
その他
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた際に変更した条件
変更していない
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた感想など
普段はAP発色を用いているので、はじめてECLで行いましたが、簡単でよかったです。
非特異的バンドもほとんどなく、一番左端レーンの誘導前では検出されなかった目的タンパク質が、誘導後、感度良く検出され、満足しています。

 

投稿者 GEヘルスケア
投稿者所属 サポートスタッフ
投稿日 2011年02月09日

ご投稿頂きありがとうございます。(GEヘルスケア)

今回の評価のために、慣れないECLによる化学発光をお試しいただき、誠にありがとうございます。
一般的に、アルカリフォスファターゼを用いた可視検出よりも化学発光による検出では感度が高まりますので、目的タンパク質が微量な場合、貴重な抗体を用いる場合などに、今後もご利用いただければ幸いです。

目的タンパク質が感度よく検出でき、ご満足いただけたとのことで、今後もお役立ていただけると幸いです。
公開画像を拝見しますと、10秒の露出時間で十分なシグナル強度が得られています。今回の条件から、二次抗体濃度をさらに2~5倍程度希釈いただいても、露出時間を数分にすることで同等のシグナルが得られるかと存じます。操作時間より抗体の節約を優先する際に、有効な条件となりますのでお試しください。

投稿者 GEヘルスケア担当 H
投稿者所属 GEスタッフ
投稿日 2011年02月03日

お待たせして大変申し訳ございません (GEヘルスケア)

ECL Primeの製品評価および実験結果の公開に格別のご協力をいただき、誠にありがとうございます。
お忙しい中、ご協力をいただいたにも関わらず、長い間お待たせすることとなり大変申し訳ございません。
予想を超える反響に十分な体制を準備できていませんでしたことが、このようにお待たせする原因となりました。
現在テクニカルスタッフの体制を増強して個別に回答・ご提案を準備中です。
(2月10日より順次、回答・ご提案を掲載予定です。)

どうかこれからも、GEヘルスケア・ジャパンをよろしくお願いします。