フォーラム専用検索

ECL/ECL Prime/ECL Selectを使ったウェスタンブロッティングの結果およびご感想

『ECL Prime』の使用感想

投稿者 おっさん
投稿者所属 大学 准教授
投稿日 2010年12月01日
今回お使いいただいた試薬
ECL Prime
サンプル由来
大腸菌
サンプル調製方法
Hisタグを付けたサンプルタンパク質を大腸菌内で大量発現させた後、目的のタンパク質をNiカラムで精製した。
1ウェルあたりのサンプルアプライ量(µg)
1 µg
1ウェルあたりに含まれる目的タンパク質の量(ng)(推定)
1 µg
目的タンパク質の名前
isocitrate dehydrogenase
検出結果 & 検出条件 検出手段
CCDイメージャー
使用した製品名(CCDイメージャーの場合)
LAS3000
検出画像へのコメント
検出画像1:
検出画像2:
検出画像3:
露出時間
検出画像1:
検出画像2:
検出画像3:
一次抗体
rabbit antibody against isocitrate dehydrogenase
一次抗体の希釈倍率(1:X)
50000
二次抗体
donkey antibody against rabbit IgG
二次抗体の希釈倍率(1:X)
50000
普段主にお使いの検出試薬
ECL Plus
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた際に変更した条件
変更していない
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた感想など
以前からECLのキットを使ってWestern Blotを行っているが新製品ではバンドがよりシャープに検出されるようになった。

 

投稿者 GEヘルスケア
投稿者所属 サポートスタッフ
投稿日 2010年12月02日

ご投稿ありがとうございます。(GEヘルスケア)

ECL Primeの結果をご投稿頂き、ありがとうございます。
バンドがシャープに得られたとのご意見、うれしく思います。感度や定量性については、いかがでしたでしょうか。ECL PrimeはECL Plusに比べて、発光安定性や定量性にも長けた製品になっており、CCDイメージャーとの組合せも良好です。更に、ECL Primeは抗体濃度を下げても、感度やシグナル強度が維持される実験結果を得ております。抗体の節約も可能ですので、是非ご検討ください。