フォーラム専用検索

ECL/ECL Prime/ECL Selectを使ったウェスタンブロッティングの結果およびご感想

ECL Prime

投稿者 I
投稿者所属 大学 助教
投稿日 2010年12月01日
今回お使いいただいた試薬
ECL Prime
サンプル由来
組織
サンプル調製方法
ショ糖密度勾配により分離し、画分をさらに沈殿させ、SDSや2-メルカプトエタノールを含むサンプルバッファーに溶解した。
1ウェルあたりのサンプルアプライ量(µg)
0-3000
1ウェルあたりに含まれる目的タンパク質の量(ng)(推定)
N/A
目的タンパク質の名前
caveolin, flotillin, cadherin
検出結果 & 検出条件 検出手段
CCDイメージャー
使用した製品名(CCDイメージャーの場合)
LAS1000
検出画像へのコメント
検出画像1:
検出画像2:
検出画像3:
露出時間
検出画像1:
検出画像2:
検出画像3:
一次抗体
caveolin(abcam), flotillin(BD), cadherin(sigma)
一次抗体の希釈倍率(1:X)
1:1000
二次抗体
Anti-mouse IgG HRP(amersham)
二次抗体の希釈倍率(1:X)
1:5000
普段主にお使いの検出試薬
ECL Plus
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた際に変更した条件
変更していない
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた感想など
メンブレンの抗体を剥がして、別の抗体で検出した際にもバンドが検出できた。感度にも問題がなかった。1:1で混ぜるため、ECL Plus より使いやすい。値段が同じなら今後も使いたい。

 

投稿者 GEヘルスケア
投稿者所属 サポートスタッフ
投稿日 2010年12月02日

リプロービングに関する参考情報をありがとうございます (GEヘルスケア)

リプロービングに関するコメントをいただき、ありがとうございます。他の研究者の方々にも大変参考になるかと存じます。
ECL Prime の価格は、現在のECL Plusと同じ希望小売価格となりますので、引き続きご利用いただければ幸いです。