フォーラム専用検索

ECL/ECL Prime/ECL Selectを使ったウェスタンブロッティングの結果およびご感想

ECL Prime

検出結果画像
検出画像1

投稿者 kk
投稿者所属 大学 助教
投稿日 2010年11月29日
今回お使いいただいた試薬
ECL Prime
サンプル由来
細胞株
サンプル調製方法
細胞上清から大量発現させた目的の組換え分泌タンパク質をHisタグ精製した画分をSDS-PAGEに使用
1ウェルあたりのサンプルアプライ量(µg)
1.3ng
1ウェルあたりに含まれる目的タンパク質の量(ng)(推定)
N/A
目的タンパク質の名前
Confidential
検出結果 & 検出条件 検出手段
CCDイメージャー
使用した製品名(CCDイメージャーの場合)
ImageQuant LAS 4000mini
検出画像へのコメント
検出画像1:
検出画像2:
検出画像3:
露出時間
検出画像1:数秒
検出画像2:
検出画像3:
一次抗体
なし
一次抗体の希釈倍率(1:X)
-
二次抗体
His Probe-HRP
二次抗体の希釈倍率(1:X)
1:5000
普段主にお使いの検出試薬
ECL Plus
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた際に変更した条件
変更していない
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた感想など
通常使用しているECL Plusと比べて感度など特に差は感じなかったが、混合比が1:1なので使いやすい。検出しにくいサンプルでも比較してみたい。

 

投稿者 GEヘルスケア
投稿者所属 サポートスタッフ
投稿日 2010年12月01日

露出時間を延長してお試しください (GEヘルスケア)

溶液の混合比については、普段意識されていなかった方からも、使い勝手が良い一面として挙げていただいています。少しでもお時間が短縮できればと存じます。

【露出時間延長によるシグナル検出の改善】
kk様の検出条件、画像を拝見したところ、露出時間を1分程度まで延ばすことで十分なシグナルが検出される可能性があります。ImageQuant LAS 4000miniのインクリメント機能(「ImageQuant LAS 4000 mini操作ガイド」11ページ)をお使いいただくことで、双方の露出時間条件での比較が簡単にできますので、ぜひお試しください。