フォーラム専用検索

ECL/ECL Prime/ECL Selectを使ったウェスタンブロッティングの結果およびご感想

ECL prime

検出結果画像
検出画像1

投稿者 たくみ
投稿者所属 大学 助教
投稿日 2010年11月29日
今回お使いいただいた試薬
ECL Prime
サンプル由来
その他
サンプル調製方法
酵母の粗抽出液。SDS-PAGEサンプルバッファーでボイルして使用。
1ウェルあたりのサンプルアプライ量(µg)
50
1ウェルあたりに含まれる目的タンパク質の量(ng)(推定)
3-30
目的タンパク質の名前
confidential
検出結果 & 検出条件 検出手段
CCDイメージャー
使用した製品名(CCDイメージャーの場合)
LAS4000
検出画像へのコメント
検出画像1:
検出画像2:
検出画像3:
露出時間
検出画像1:
検出画像2:
検出画像3:
一次抗体
anti-myc (left), rabbit polyclonal (right)
一次抗体の希釈倍率(1:X)
1000
二次抗体
anti-mouse (left) or rabbit (right) IgG-HRP
二次抗体の希釈倍率(1:X)
2000
普段主にお使いの検出試薬
ECL Plus
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた際に変更した条件
変更していない
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた感想など
感度はよい(Plusと同等かそれ以上)。発光持続時間も長い印象。
左側のように強いシグナルでもすぐに白抜けになることはなかった。
幅広いダイナミックレンジで定量性よく解析するのに向いているかもしれない。

 

投稿者 GEヘルスケア
投稿者所属 サポートスタッフ
投稿日 2010年12月01日

定量比較実験にお役立てください (GEヘルスケア)

複数の抗体検出でのご検討、および定量比較に関して大変参考となるコメントをいただき誠にありがとうございます。
実感いただけたとおり、ECL PrimeはECL Plusに比べ感度が向上した点のみならず、発光持続性や定量性にも長けた性質をもっています。CCDイメージャーでの検出を組み合せることで、露出時間や抗体濃度の最適化、精度の高い定量比較実験がより簡便に行えますので、ぜひお試しください。