フォーラム専用検索

ECL/ECL Prime/ECL Selectを使ったウェスタンブロッティングの結果およびご感想

ECL prime

投稿者 yoshi
投稿者所属 大学 教授
投稿日 2010年11月29日
今回お使いいただいた試薬
ECL Prime
サンプル由来
細胞株
サンプル調製方法
Lysis buffer (50mM Tris (pH 7.4), 150mM NaCl, 0.1% NP-40)で溶解
1ウェルあたりのサンプルアプライ量(µg)
N/A
1ウェルあたりに含まれる目的タンパク質の量(ng)(推定)
N/A
目的タンパク質の名前
AMPK
検出結果 & 検出条件 検出手段
X線フィルム
検出画像へのコメント
検出画像1:
検出画像2:
検出画像3:
露出時間
検出画像1:
検出画像2:
検出画像3:
一次抗体
anti-AMPK (Cell Signaling)
一次抗体の希釈倍率(1:X)
1000
二次抗体
anti-mouse IgG, HRP Linked Whole Ab (from Donkey) (GE Healthcare)
二次抗体の希釈倍率(1:X)
50,000
普段主にお使いの検出試薬
その他
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた際に変更した条件
変更していない
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた感想など
今回の系ではM社の製品と使用感、感度、バックグラウンドノイズに差異は感じなかった。コストを考慮して購入するか決定したい。

 

投稿者 GEヘルスケア
投稿者所属 サポートスタッフ
投稿日 2010年12月01日

用途に合わせてご検討ください (GEヘルスケア)

お忙しい中、他社製品との比較検討を行っていただき、ありがとうございます。
使用感、検出感度、バックグラウンドノイズ等は、差異がみられなかったとのことですので、今後は用途や条件にあわせて利用をご検討ください。

ECL Primeの特徴のひとつに発光持続性がございます。例として、長時間の露出が必要な微量タンパク質の検出、多数のメンブレンを同時に処理する実験系などにお役立ていただけるかと存じます。詳しくはデータファイル(http://www.gelifesciences.co.jp/technologies/ecl/pdf/342011.pdf)をご参照ください。