フォーラム専用検索

ECL/ECL Prime/ECL Selectを使ったウェスタンブロッティングの結果およびご感想

ECL prime vs plus

投稿者 yt
投稿者所属 大学 准教授
投稿日 2010年11月29日
今回お使いいただいた試薬
ECL Prime
サンプル由来
細胞株
サンプル調製方法
レムリバッファーによる煮沸
1ウェルあたりのサンプルアプライ量(µg)
15
1ウェルあたりに含まれる目的タンパク質の量(ng)(推定)
N/A
目的タンパク質の名前
pJNK
検出結果 & 検出条件 検出手段
CCDイメージャー
使用した製品名(CCDイメージャーの場合)
LAS3000
検出画像へのコメント
検出画像1:plusでは見えなかったバンドが見えた。
検出画像2:
検出画像3:
露出時間
検出画像1:1分以内
検出画像2:
検出画像3:
一次抗体
anti-pJNK
一次抗体の希釈倍率(1:X)
1000
二次抗体
anti-rabbit IgG-HRP
二次抗体の希釈倍率(1:X)
3000
普段主にお使いの検出試薬
ECL Plus
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた際に変更した条件
変更していない
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた感想など
見えなかったバンドも見え、シャープに見える。

 

投稿者 GEヘルスケア
投稿者所属 サポートスタッフ
投稿日 2010年12月01日

微量タンパク質の検出にお役立てください (GEヘルスケア)

今まで見えなかったバンドが検出できたとのこと、検出感度の面でECL Primeをお役立ていただければと存じます。
ECL Primeの検出系は発光が安定して持続するため、露出時間を延長していただくことで、さらに微量のタンパク質を検出できる可能性がございます。ぜひお試しください。