フォーラム専用検索

ECL/ECL Prime/ECL Selectを使ったウェスタンブロッティングの結果およびご感想

ECL prime vs. Luminata Forte

検出結果画像
検出画像1

投稿者 T大学研究者
投稿者所属 大学 准教授
投稿日 2010年11月29日
今回お使いいただいた試薬
ECL Prime
サンプル由来
細胞株
サンプル調製方法
培養細胞を、Triton X100-baseの溶解液で溶解し、可溶性画分をSDS-PAGEに使用した。
1ウェルあたりのサンプルアプライ量(µg)
20
1ウェルあたりに含まれる目的タンパク質の量(ng)(推定)
N/A
目的タンパク質の名前
Confidential ~500 kDa protein
検出結果 & 検出条件 検出手段
X線フィルム
検出画像へのコメント
検出画像1:
検出画像2:
検出画像3:
露出時間
検出画像1:
検出画像2:
検出画像3:
一次抗体
rabbit polyclonal
一次抗体の希釈倍率(1:X)
3000
二次抗体
donkey anti-rabbit IgG-HRP
二次抗体の希釈倍率(1:X)
10000
普段主にお使いの検出試薬
その他
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた際に変更した条件
変更していない
ECL/ECL Prime/ECL Selectをお使いいただいた感想など
Forteは室温保存・2液混合不要で、ECLシリーズにはないメリットがありますが、シグナルが非常に弱く30分以上露光する場合に、ECL Primeは大変有効な試薬であると感じました。

 

投稿者 GEヘルスケア
投稿者所属 サポートスタッフ
投稿日 2010年12月01日

ご投稿ありがとうございます。(GEヘルスケア)

T大学研究者様がご指摘くださったとおり、弊社としても発光の持続性はECL Primeの特長のひとつと考えています。今後も、長時間の露光が必要な検出系にてECL Primeがお役に立てれば幸いです。

他のお客さまにとっても大変参考となるデータ、およびご評価を公開いただいたことに改めて感謝申し上げます。